【レビュー】ニューバランスCM1700B1の見た目やサイズ感をレビュー!合わせたいボトムスもご紹介!

レビュー
スポンサーリンク

こんにちは、カートです!
またまた今回もスニーカーのレビューです!そしてニューバランス!
今回ご紹介するのは、CM1700です。その中で最近販売されたCM1700B1というモデルをご紹介したいと思います。そろそろスニーカーではなく、洋服も紹介していきたいところですが、、、、もう少しスニーカーのレビューにお付き合いください。

ニューバランスのCM1700ってなに??

ニューバランスには500番台や900番台などのモデルがありますが、1000番台のモデルがあります。1000番台はニューバランスを象徴するモデルが展開されてきたもでるでもあり、名作が多く存在します。
例えば、M1300というモデルは、あのラルフ・ローレンが愛用したことでも有名なモデルで、『スニーカーのロールスロイス』と呼ばれるほど履き心地が最高なモデルでもあります。復刻版も大人気のモデルですね。

そんな1000番台の最後に登場したモデルにUSA製の『M1700』というモデルがあります。
1999年にスニーカー好きも驚くで3万9000円という価格設定で販売されたモデルですが、それに見合った高機能を備えている1足でした。ニューバランス史上最高の履き心地と言われることもあります。
2016年に復刻されていますが、そのときも3万円以上という高価格帯で販売されました。

そんな中、2010年に『CM1700』というアジア製のモデルが販売になりました。
そして昨年、10年ぶりにCM1700が、2000年に日本にて限定発売されたUSA製1700のカラーを再現して復刻されています。このアメリカ製かアジア製かというところは色々意見が分かれるところでもあります。ちなみに、先日復刻再販され、僕もこのブログで紹介したML2002Rもアジア製でしたね。

今回紹介するのは、そのCM1700のカラー違い、CM1700B1というモデルになります。

CM1700B1

カラーはライトグレーでスウェード/メッシュの素材になっています。
CM1700はUSA製1700と同一のソールを使用し、忠実に再現しているので、履き心地もUSA製に引けを取らない作りになっています。

1700というと、レザーで濃いグレーのデザインを思い浮かべる方が多いと思います。
なので、このCM1700B1の素材とカラーリングは1700にしては珍しく、『1700じゃない!』なんて思う方もいるかもしれませんが、意外と良い色でコーディネートしにくいことはないので、使い回せる1足なのではないかなと思います。

CM1700B1の見た目は??

気になるデザインを見ていきましょう!
まずは正面から。

正面

見た目はシュッとしていて、カラーがライトグレーということもあり、よりスタイリッシュに見えますね。グレーとホワイトの配色で、シューレース部分にはシューレースアクセサリーがついています。
これまで僕が紹介してきたM992やML2002Rよりはスマートな感じです。

次は横から見てみましょう。

サイド

横からの方がホワイトで配色されている部分がよくわかりますね。
ソール部分の厚みが多少あるので、正面から見るよりはボリューム感を感じますが、それでもまだスタイリッシュに見えるんではないかなと思います。
ミッドソールはおなじみのABZORB(アブゾーブ)が採用されています。
Nロゴは『チビN』が採用されており、踵付近には1700と刺繍されています。

続きまして、背面を見てみましょう。

背面

背面はシンプルにnew balanceのロゴのみが刺繍されています。
このシンプルな感じの背面は僕はそれなりに好みでもあったりします。

では、タンの部分も見てみましょう。

タン部分

タン部分には大きく1700と刺繍されており、その下にnew balanceと刺繍が施されています。
この1700の文字が結構目立ちます。先程の正面からの画像を見てもらえばわかると思いますが、結構主張してくるので、アンクル丈などの丈が短めなパンツを履くとこの1700の文字が目立つかもしれません。

CM1700B1の履き心地とサイズ感は??

サイズ感はいつも通りのサイズを選べば問題ないと思います。
私もM990やML2002Rと同様のサイズで何ら問題なく着用できています。
僕は紐をギュンギュンに絞って履くのですが、992や993ほど絞ることができなかったです。でも、全然許容範囲といった感じです。
その他、ナイキやコンバース、アディダスで選ぶサイズも同様のサイズです。

履き心地はというと、史上最高の履き心地と言われることもあるように、しっかりとクッション性があり疲れを感じることもない良い履き心地です。
僕個人的なところで言うと、M992やMR993の履き心地が好みだったりするのですが、そこにも引けを取らない履き心地は感じました。感じ方は個人差あると思いますが、買っても損はしない履き心地です。

CM1700B1に合うボトムスは??

どんなボトムスと合わせればいいんだろう?と思う方もいるかもしれませんので、一例をご紹介します。CM1700B1のデザインとカラーであれば、あまり合わせにくいなんてことはないかなと思いますが、僕個人的なスタイリングを紹介します。

今回はカーゴパンツと合わせてみました。あえてカーゴパンツの裾はドローコードを絞って着用しています。カーゴパンツのオリーブの色合いにもCM1700B1のライトグレーの色味はマッチしているんではないでしょうか?太めのカーゴパンツでコテコテの軍パンといった感じなので、ミリタリー感強めになりがちですが、CM1700B1を合わせることで、このカラーリングとスタイリッシュさが足元で引き締めてくれる感じはあります。
1700はスーツスタイルにも合うなんて言われているので、スラックス系のボトムスとも合わせられると思います。

まとめ

今回はCM1700をご紹介しましたがいかがでしたでしょうか?
1700は名作でもありますが、CM1700はアジア製であるため、敬遠される方もいらっしゃるかと思います。でも、個人的にはUSA製と比較してもソールも同一のものを使用していて履き心地はそこまで変わらないと思いますので、あとはこのカラーリングと素材感が気にいるか否かかなと思ったりします。結構幅広いコーデに活用できると思うので、持っていて損はしないと思います!僕としてはおすすめの1足です!このCM1700B1は、まだ購入できる店舗もあるので、気になった方は是非試してみて下さい。

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

↓↓今回ご紹介したアイテムはこちら↓↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました