【レビュー】ニューバランスML2002RQのサイズ感・履き心地・足元コーデをご紹介!

レビュー
スポンサーリンク

こんにちは!カートです。

今回もニューバランスのレビューをしていきたいと思います。
今回もニューバランスの2002から、ML2002RQというモデルをご紹介します!
これまでご紹介してきた2002のカラー違いで、カラーはホワイトになっています。
ホワイト基調のスニーカーを買うのは実は数年ぶりで、自分にとっては少しチャレンジでしたが、だいぶ良い仕上がりのスニーカーなので、是非ご紹介したいと思います!!

スポンサーリンク

ニューバランスの2002Rをおさらいしましょう!

これまで2度、ニューバランスの2002についてご紹介をしていきました。
「そもそもニューバランスの2002ってなに?」と思った方は以下の記事も参考にしてみてください。

このニューバランスの2002、2010年にMade in USAで発売され、2020年にアジア製でML2002RAが復刻してから、ここ最近カラー違い等のモデルの販売が相次いでいます。
その中のひとつが今回ご紹介する『ML2002RQ』なのです。
これまでご紹介してきたML2002RAがカラーで言うとグレー、JD sports限定モデルのM2002RJBがブラックとなっていましたが、今回のML2002RQはカラーがホワイトで、これまでご紹介した2モデルと素材も若干異なっています。

スポンサーリンク

ML2002RQの見た目は??

早速ですがML2002RQを見ていってみましょう!

まずは正面からです。

正面はこんな感じです。
ホワイトを基調にアウトソールやロゴ、ライニング部分はブラックになっています。
一見するとおじさんっぽい、ダサい、なんて言われたりしそうですが、このダサかっこいいのもニューバランスの魅力だと僕は思います。

アッパーの素材は、ピッグスキン/メッシュが基本的には使用されており、少し光沢があるツルッとした質感になっています。
これまで紹介したML2002RAは、ヌバック/メッシュの素材で、見た目は少しマッドな感じがありました。JD sports限定モデルのM2002RJBは、スウェード/メッシュの素材でした。
それぞれデザインは一緒ですが、素材感の違いでそれぞれ違った表情に見えます。

続きまして、横から見てみましょう。

横から見るとアッパーとミッドソールの色味が若干違うのがわかりますね。
ミッドソールは、真っ白というより少しクリームっぽい色味になっています。
ミッドソール部分は2002ではおなじみ、ニューバランスの代表的なテクノロジーであるNERGY(エナジー)とABZORB(アブゾーブ)を組み合わせたソールを採用しています。
ロゴもおきまりの『チビN』で、ロゴの縁はブラックが配色されています。
かかと付近には2002Rのロゴ入りです。

では、背面も見ていってみましょう。

背面は、ホワイト/ブラック/シルバーという配色になっています。
中央に三角窓にNBのブラックのロゴを配置し、その下にパンチングが施されたデザインになっています。

最後にタンの部分も見て見ましょう。

タンの部分には『new balance running』のロゴ入りです。
こうやって見ると、ブラックとブラックのコントラストがいい感じですね。

ここまでML2002RQの全体を見てきましたが、このホワイトの配色とピッグレザーの質感がしっかりとした見た目とまとまったデザインの印象を引き出している感じがします。
コーディネートにも合わせやすいデザインになっていると思います。

スポンサーリンク

2002の別カラーと比較してみよう!

別記事で紹介した2002の別カラーとも比較をして見たいと思います。
カラーの違いだけでなく、素材の違いでどこまで見た目が違うのか見てみてください!

左:M2002RJB(ブラック) 中:ML2002RQ(ホワイト) 右:ML2002RA(グレー)

まずは正面の比較ですが、デザインは一緒ですが見た目は結構違った印象ですね。

今回ご紹介している真ん中のML2002RQは、きれいめなコーディネートにも使用できそうなクリーンな感じの印象が引き立っています。
左のM2002RJBは、モノトーンのコーディネートに合わせるとソールのホワイトの配色もありまとまりが出ると思います。
右のML2002RAは、結構男くさいスタイルにバッチリハマる気がします。僕は以前ご紹介したプロッパーのカーゴパンツと一緒にガンガン履いています。

左:M2002RJB(ブラック) 中:ML2002RQ(ホワイト) 右:ML2002RA(グレー)

次は少し斜めからです。
もちろんですがどれもロゴは『チビN』になっていますが、ロゴの配色によって印象が違いますね。
僕は、ML2002RAのアッパーのグレーにロゴのネイビーの配色が意外と好みです。

左:M2002RJB(ブラック) 中:ML2002RQ(ホワイト) 右:ML2002RA(グレー)

背面からの印象もそれぞれで結構異なりますね。
ロゴ下のパンチングのデザインが意外と僕は好みですが、皆さんはいかがでしょうか?
それと、真ん中のML2002RQのしっかりまとまった感じの表情が僕は好みです。
ちょっと画像だと見にくいですが、右のM2002RJBにももちろんパンチングが施されています。

左:M2002RJB(ブラック) 中:ML2002RQ(ホワイト) 右:ML2002RA(グレー)

タン部分含めたアップの比較です。
近くで見るとわかるのですが、真ん中のML2002RQと右のML2002RAは質感からか高級感を感じられますが、右のM2002RJBは比較すると若干安っぽさが出てしまうのが気になるところ、、、

こうやって比較して見てみると、ML2002RQは僕にとってはチャレンジでしたが、買って正解だったなと感じてます。ただ、ML2002RAの完成度がやはり際立つのも事実。一番人気なのが理解できます。

スポンサーリンク

ML2002RQのサイズ感と履き心地は??

サイズ感や履き心地は以前の記事でもご紹介していますが、改めてご紹介しておきましょう。
まず、サイズ感はというと、普段のスニーカーのサイズで選んでいただければ全く問題ないサイズ感だと思います。僕も普段のスニーカーのサイズと同様のサイズを選んでいます。

履き心地の方はと言うと、安定感やクッション性があり、極上の履き心地と言って良いと思います。
僕はMR993やM992の履き心地が好きですが、それとも引けを取らない履き心地を感じました。
ニューバランス好きの方は、ニューバランスの履き心地をご存知だと思いますが、そうでない方でも満足してもらえると自身を持って言える1足ではないでしょうか。

スポンサーリンク

ML2002RQを履いてみた!

ML2002RQとのコーデも気になるところ。僕も購入前に何に合わせようか結構考えました。
僕なりのちょっとした足元コーデをご紹介します。

ブラックのテーパードパンツと

まずはブラックのテーパードパンツと合わせてみました。
ブラックのボトムスであればほぼ問題なく合わせられますね。
僕が履いたボトムスはストレートより少し太めですが、ストレートからそれ以上の太さのブラックのトラウザーとは相性がいい感じがします。

PROPPER(プロッパー)のカーゴパンツと

次は、以前ご紹介したPROPPER(プロッパー)のカーゴパンツと合わせています。
カーゴパンツにも意外と合いますね!
カーゴパンツを履いて野暮ったく見えがちなところ、ML2002RQを合わせると、野暮ったさを感じさせず、しっかり足元でまとめてくれるので、カーゴパンツに合わせるのを僕はおすすめしたいです。

薄めのデニムと

最後はデニムと合わせてみました。
カラーは古着のリーバイス501なんかにありそうな薄めのブルーです。
太さはストレートより少し太く、テーパードになっています。
デニムにも合わせられそうですが、前の2つと比較するとなんだか特徴がない感じですね。。。
すごく悪いわけではないですが、トップスの合わせ方を間違えるとコーデ失敗しそうです。。。

履いていて気づいたことは、
ニューバランスの2002すべてに言えることですが、タンの部分に厚みがあるので、しっかりしまわないと、ボトムスの裾から飛び出てきます。あえてタンを見せているのかな?と勘違いされそうな感じになってしまうので要注意です。

それともう1点。
ML2002RQはカラーがホワイトということもあり、つま先付近のアッパーのメッシュの部分から若干ながら中が透けて見えます。なので、靴下のつま先付近になんらかプリントされていたり、カラフルな靴下の場合、透けて見えてしまうので注意してください。

スポンサーリンク

まとめ

今回はこれまで紹介してきたニューバランスとは違ったカラーのML2002RQをご紹介しました。
素材がピッグスキン/メッシュで、光沢感があり落ち着いたデザインで洗練された見た目になっています。このデザインや素材感ということもあり、コーデの幅は広いと思うので、結構重宝する1足になると思います。
僕もホワイトのスニーカーは久しぶりですが、チャレンジしてみて買ってよかったと非常に感じています。足元がグレーやブラックになりがちなところ、この1足あるだけでコーデの幅が広がった気がします。
まだ購入できるショップもあるようなので、是非試してみて下さい!

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました